新着記事

2004年05月31日

テキストエディタviとRCSの深くて甘い(?) 関係 #3

詳しい使い方は自分で調べてもらうとして、
この記事では、RCSを最低限ここまで知っていれば扱えるというところまでやることにする。


RCSを使ってやることは、大抵次の4つのどれかになる。
・ファイルを管理ディレクトリに入れる。
・管理ディレクトリからファイルを取り出す。
・管理しているファイルを変更する。
・差分を取る。

この4種の操作さえ覚えれば、
RCSを使うのに何の問題も無いと思う。


ファイルを管理ディレクトリに入れる。


1.管理したいファイルのあるディレクトリにRCSという名前でディレクトリを作る。
2.次のコマンドを入力して、管理ディレクトリに指定のファイルを登録する。(チェックインするという。)

ci ファイル



管理ディレクトリからファイルを取り出す。


1.次のコマンドを入力すると、管理ディレクトリから指定のファイルを取り出せる。

co ファイル

2.バージョン指定や、日付指定をしてファイルを取り出す時は、「r」や「d」オプションを使う。

co -r1.4 ファイル
co -d"2004-05-30 20:00:00" ファイル

3.編集用にロックをかけてファイルを取り出すには、「l」オプションを付ける。ロックをかけない場合、読み取り専用ファイルで取り出される。

co -l ファイル



管理しているファイルを変更する。


1.管理ディレクトリから、ロックをかけてファイルを取り出す。ロックをかけない場合、読み取り専用ファイルで取り出される。

co -l ファイル

2.ファイルを変更する。
3.変更したファイルをciコマンドでチェックインする。

ci ファイル




差分を取る。


1.手元のファイルと、管理ディレクトリのファイルを比べる時は、rcsdiffコマンドを使う。

rcsdiff ファイル

2.手元のファイルと、管理ディレクトリのあるバージョンのファイルを比べる時は、「r」オプションを使う。

rcsdiff -r1.4 ファイル

3.管理ディレクトリにある、あるバージョンと、あるバージョンの差分を取りたい時は、次のようにコマンドを入力する。

rcsdiff -r1.4 -r1.3 ファイル





上のとおりRCSを使うと、途中、いろいろ入力が促されますが、それはログメッセージ入力待ちです。
メッセージを入力してから、「.」(ピリオド)のみの行を入力すると、ログの入力を終えることができます。



今回は以上。
では。

posted by 小見 拓 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | RCS + vimエディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
記事検索
 
カテゴリ
最近のコメント
QKCのインストール [3-4/18]
 ⇒ kova (05/23)
calendar.vimには日記をつける機能があったらしい。
 ⇒ とまと (03/07)
最近よく見るようになったvimスクリプトのコメントの書き方
 ⇒ 小見 拓 (02/13)
 ⇒ kana (02/11)
vimエディタ ヘルプのgrep
 ⇒ みかん (07/15)
指定したカラム位置にテキストを流し込む (vimエディタ)
 ⇒ こみ (03/20)
 ⇒ とおりすがり (03/19)
 ⇒ こみ (03/18)
 ⇒ takayama (03/18)
tempfile -- Generate temporary files (Mac OSX)
 ⇒ take3 (01/20)
 ⇒ こみ (01/19)
 ⇒ take3 (01/18)
 ⇒ こみ (01/17)
 ⇒ take3 (01/14)
WebObjectsのオープンソースプロジェクト Project Wonderってなんじゃろな。#2
 ⇒ (06/30)
 ⇒ Tetsuya Kuramochi (06/29)
 ⇒ Tetsuya Kuramochi (06/29)
WebObjectsのオープンソースプロジェクト Project Wonderってなんじゃろな。#1
 ⇒ (06/03)
 ⇒ Tetsuya Kuramochi (06/02)
最近のトラックバック
vimエディタで「文字コード、改行コードを変更して保存する。」
 ⇒ window.closed (04/25)
 ⇒ himesuke’s STEP-log (03/18)
 ⇒ PukiWiki/TrackBack 0.2 (05/07)
vimエディタの折りたたみ機能の話。その2 (foldmethod=syntax)
 ⇒ 俺の基地 (PukiWiki/TrackBack 0.3) (04/20)
ログファイルを監視して、特定のキーワードが見つかったら、何らかのコマンドを実行する。
 ⇒ Apple Fan (10/16)
ファイル保存ダイアログの初期ディレクトリについての話 (vimエディタ話)
 ⇒ ナレッジエース (07/23)
:e <C-x> (編集中のファイルと同じディレクトリにあるファイルを開く。)
 ⇒ ボクノス (02/07)
Opening many files using wildcards.
 ⇒ PukiWiki Plus! (PukiWiki/TrackBack 0.4) (10/28)
 ⇒ 川o・-・)<2nd life (07/18)
vimエディタで印刷自由自在 その8 -エディタからの直接の印刷の代わりに、2html.vimスクリプトを使用する-
 ⇒ Knoppix Temporary Directory (PukiWiki/TrackBack 0.3) (02/19)
検索でマッチした対象に対して、置換を行う。(vimエディタ話)
 ⇒ 123net :: 開発日記 (12/31)
ごみ箱にファイルを叩き込むスクリプト。(vimエディタ)
 ⇒ "OSX" .app's :Macのアプリを便利、感動、面白をベースにほぼ日刊で紹介。 (11/26)
パーセント、%、percent でのカーソル移動 (vimエディタ話)
 ⇒ プログラミング言語 (10/11)
過去ログ
Profile
小見 拓
mail@nanasi.jp
小見と申します。
神奈川でデベロッパーやってます。
名無しのVIM使い

RSS 1.0


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。