新着記事

2005年12月07日

開いたターミナルのウィンドウごとに背景色、文字色、その他設定を変更する

たとえば、
sshなどで幾つかのサーバーにログインして設定ファイルを弄ったり、
ローカルでログの監視をしてたり、
データベースのデータを見てたりすると、
モニター上がターミナルのウィンドウですぐ埋まってしまいます。


そうすると、どのウィンドウで、どんな作業をやっていたのか、
判りづらくなったりするわけですね。
sh_many_terminal_window.jpg
画面がウィンドウで埋まる埋まる。




そこで、ターミナルのウィンドウごとに
ターミナルの背景色、文字色、その他設定を変更して、
区別しやすくするスクリプトを組んでみた。


使ってみた様子はこんな感じ。
sh_many_terminal_window_with_color.jpg

色が派手になってしまったので、実際に使うなら、色は個人で調節した方が良い。




使い方は、
このスクリプトをダウンロードして、解凍して、適当なディレクトリにコピー。
シェルの設定ファイルで読み込むようにしてください。

. /path/to/ch_term_color.sh

↑こういう行をシェルの設定ファイルを追加する。
"/path/to/"の部分は、実際にファイルのあるディレクトリまでのPATHと置き換えること。


そうすると、ターミナルのウィンドウを開くたびに、
開いたターミナルの背景色と、文字色、その他が変わるようになります。


なお、AppleScriptを使っているので、Mac OSXでしか動きません。
さらに、Pantherのbash、zsh、Tigerのzshでしかテストしていません。




本日は以上。
では。





以下はスクリプトの中身。
作りは雑だが、一応動く。
ウィンドウを4つ開くごとに設定が一周するようにした。
色は、"red", "green", "blue", "cyan", "magenta", "yellow", "purple", "black"あたりが使える(他にもあるけど)。
#!/bin/sh
########################

# get last char
lc=$(tty | sed -e 's#.*\(.\)$#\1#')

# switch case
case ${lc} in
1|5|9|d)
background="black"
cursor="green"
normal_text="yellow"
bold_text="red"
;;
2|6|a|e)
background="red"
cursor="black"
normal_text="green"
bold_text="yellow"
;;
3|7|b|f)
background="yellow"
cursor="red"
normal_text="black"
bold_text="green"
;;
4|8|c|0)
background="green"
cursor="yellow"
normal_text="red"
bold_text="black"
;;
*)
echo "unknown tty last char"
exit 1
;;
esac

# run applescript
osascript << EOF
tell application "Terminal"
tell window 1
set background color to "${background}"
set cursor color to "${cursor}"
set normal text color to "${normal_text}"
set bold text color to "${bold_text}"
end tell
end tell
EOF

posted by 小見 拓 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コマンドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10308927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
記事検索
 
カテゴリ
最近のコメント
QKCのインストール [3-4/18]
 ⇒ kova (05/23)
calendar.vimには日記をつける機能があったらしい。
 ⇒ とまと (03/07)
最近よく見るようになったvimスクリプトのコメントの書き方
 ⇒ 小見 拓 (02/13)
 ⇒ kana (02/11)
vimエディタ ヘルプのgrep
 ⇒ みかん (07/15)
指定したカラム位置にテキストを流し込む (vimエディタ)
 ⇒ こみ (03/20)
 ⇒ とおりすがり (03/19)
 ⇒ こみ (03/18)
 ⇒ takayama (03/18)
tempfile -- Generate temporary files (Mac OSX)
 ⇒ take3 (01/20)
 ⇒ こみ (01/19)
 ⇒ take3 (01/18)
 ⇒ こみ (01/17)
 ⇒ take3 (01/14)
WebObjectsのオープンソースプロジェクト Project Wonderってなんじゃろな。#2
 ⇒ (06/30)
 ⇒ Tetsuya Kuramochi (06/29)
 ⇒ Tetsuya Kuramochi (06/29)
WebObjectsのオープンソースプロジェクト Project Wonderってなんじゃろな。#1
 ⇒ (06/03)
 ⇒ Tetsuya Kuramochi (06/02)
最近のトラックバック
vimエディタで「文字コード、改行コードを変更して保存する。」
 ⇒ window.closed (04/25)
 ⇒ himesuke’s STEP-log (03/18)
 ⇒ PukiWiki/TrackBack 0.2 (05/07)
vimエディタの折りたたみ機能の話。その2 (foldmethod=syntax)
 ⇒ 俺の基地 (PukiWiki/TrackBack 0.3) (04/20)
ログファイルを監視して、特定のキーワードが見つかったら、何らかのコマンドを実行する。
 ⇒ Apple Fan (10/16)
ファイル保存ダイアログの初期ディレクトリについての話 (vimエディタ話)
 ⇒ ナレッジエース (07/23)
:e <C-x> (編集中のファイルと同じディレクトリにあるファイルを開く。)
 ⇒ ボクノス (02/07)
Opening many files using wildcards.
 ⇒ PukiWiki Plus! (PukiWiki/TrackBack 0.4) (10/28)
 ⇒ 川o・-・)<2nd life (07/18)
vimエディタで印刷自由自在 その8 -エディタからの直接の印刷の代わりに、2html.vimスクリプトを使用する-
 ⇒ Knoppix Temporary Directory (PukiWiki/TrackBack 0.3) (02/19)
検索でマッチした対象に対して、置換を行う。(vimエディタ話)
 ⇒ 123net :: 開発日記 (12/31)
ごみ箱にファイルを叩き込むスクリプト。(vimエディタ)
 ⇒ "OSX" .app's :Macのアプリを便利、感動、面白をベースにほぼ日刊で紹介。 (11/26)
パーセント、%、percent でのカーソル移動 (vimエディタ話)
 ⇒ プログラミング言語 (10/11)
過去ログ
Profile
小見 拓
mail@nanasi.jp
小見と申します。
神奈川でデベロッパーやってます。
名無しのVIM使い

RSS 1.0


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。